ITパスポート

ITパスポート

ITパスポートとは?

ITパスポートとは、社会人の方やこれから社会人となる学生の方のための、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。
ITパスポートの学習で培われるのは、

  • 1ストラテジ系(企業活動や法務、経営、システム戦略)
  • 2マネジメント系(システムなどの開発プロジェクトのマネジメント)
  • 3テクノロジ系(PCの仕組み、アルゴリズム、セキュリティ、ネットワークなどIT技術)

の3分野の知識。
今や、どんな業種や職種においても〈IT〉と無関係なものはありません。
また企業である以上、〈経営〉とも切っても切れない関係です。
つまり現代の企業が求めている人材とは、IT力×経営の広い視野を持つ人材なのです。

だから、ITパスポート!

ITを正しく理解し、業務に効果的にITを活用することができる人材になる

  • 新しい技術(AIやビッグデータ、IoTなど)に関する知識

    新しい技術(AIやビッグデータ、IoTなど)に関する知識

  • 新しい手法(アジャイルなど)に関する知識

    新しい手法(アジャイルなど)に関する知識

  • 経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識

    経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識

  • IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識

    IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識

  • プロジェクトマネジメントの知識

    プロジェクトマネジメントの知識

ITパスポート受験者はどんな人?

累計応募者数の推移
累計応募者数の推移
  • 社会人/学生の割合
    社会人/学生の割合
  • 年代別割合
    年代別割合
  • 社会人
    IT系/非IT系企業の割合
    社会人 T系/非IT系企業の割合
  • 学生
    在学中の学校別割合
    学生 在学中の学校別割合

ITパスポート試験応募者データより引用 / ※…平成30年度

ITパスポートを取得するメリット

学生の方

就職に役立つ
ITパスポートは、社会人としての基礎知識とIT力を兼ね備えていることを証明する国家試験。面接や履歴書、エントリーシートなどで自らの知識をアピールできます。
多くの企業のニーズに応えられる
新卒採用活動・社員教育・社内研修などにITパスポートを活用している大手企業、官公庁、自治体が多数。また、数多くの大学・高専・専門学校・高校などでも活用実績があります。
社会人の備えができる
就職が決まれば終わり、ではなくそこからがスタート。社会人として求められる知識を幅広く身に付けておくことで、社会人として歩んでいくための備えができます。

社会人の方

ビジネスパーソンとしてのスキルアップに
  • ITパスポートは、ITの知識+企業活動/経営戦略/マーケティング/財務/法務など幅広い知識がバランスよく習得できます。
  • 業務の課題把握力+ITを活用した課題解決力が備わる=ビジネスパーソンとしてのスキルアップや仕事の効率化に繋がります。
視野の広い人材へ
  • 情報セキュリティに関する基礎知識⇒機密情報の漏洩やウィルス感染など様々なリスクを理解できるようになります。
  • 知的財産権に関する法律・企業コンプライアンスに関する知識⇒著作権侵害・商標権侵害などの法令違反や個人情報漏えいなどのリスクが理解できるようになり、企業コンプライアンス向上・法令遵守に貢献します。
  • 経営全般・会計・財務に関する知識⇒ITを活用した業務の課題把握と解決力が養われ、業務改善に繋げられるようになります。
  • 情報システム・ネットワーク・データベースなどITの基礎知識⇒顧客・社内情報システム部門、IT企業との円滑なコミュニケーションに役立ちます。技術者だけでなく、営業に携わる方などにも大いに役立ちます。

東京ITカレッジは
なぜITパスポートに強いのか

  • ITパスポートに特化したカリキュラムがある

  • 教材は常に最新の試験傾向を反映させている

  • 現役エンジニア講師に直接質問ができる

  • つまずきポイントの解説動画で理解を深められる

動画でいつでも・どこでも理解を深められる

ITパスポートの試験はどんな形式?合格基準は?…ITパスポートの試験に向けた学習をする前に、ITパスポートについて予め知っておくべきポイントをまとめた動画を特別にこっそりお見せします。

東京ITカレッジでは、このような動画教材が盛りだくさん。忙しくてまとまった学習時間がつくれない方でも、効率よく学習を進められるシステムです。